男性と女性

工夫次第で居心地バツグン!店舗デザインはプロにお任せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

業務用機器の点検

葉っぱ

地球資源のことを考えて発生を抑制しないといけないフロンガスは、改訂された法律により業務用機器の点検が義務化されています。改訂された法律に対応した点検を行なう業者選びや基本が分かるセミナーに参加をして対応しましょう。

もっと読む

店舗デザインを変える

テーブル

レイアウト次第で変わる

店舗のイメージは来店する人のことを考えた造りにすることが大切です。印象の悪い店内や店外だと、どんなに良い商品やサービスを取り揃えていても足が向きません。つまり、店舗デザイン次第で来店動向は大きく変わることになるので、マーケティングを駆使して最適化する必要があるでしょう。
特に新規出店や移転リニューアルをするタイミングは、店舗デザインを変えることが多いです。中にはチェーン展開していて容易にデザインやレイアウトを変えられないところもありますが、すべてがそうとは限りません。むしろ、ちょっとした心遣いのあるレイアウト次第で来店者の満足度は変わるので、工夫して取り入れていきましょう。

空間をつくる

設計からデザインまでトータルに店舗づくりを行なう際は、専門の設計事務所に依頼するといいでしょう。一級建築士が在籍している事務所になってくると、その独特のデザインセンスや空間の使い方がお店のポイントになります。また、飲食店やサービス店は長時間滞在することも考慮し、居心地のいい空間にすることも大切でしょう。このあたりもデザインと色彩、照明の使い方次第で大きく変えることが可能です。

マッチする設計事務所へ

設計事務所を選ぶ時の注意は、求めている店舗のイメージとマッチするかどうか。いくら、優れた一級建築士でもテイストがマッチしなければ、思い通りの空間になりません。ここは、どんな設計やデザインに携わったかを確認した上で依頼するといいです。設計事務所のホームページやポータルサイトを利用すれば、施工事例が紹介されているので確認しましょう。

エネルギーの活用

エレベーター

営農を行なう業界で注目を集めているソーラーシェアリングは、電力エネルギーを上手に活用することができます。また、自給で電力を賄いながら蓄電や売電も行なえるので、新しい営農の境地を切り開くことも可能です。

もっと読む

光源によって変わる

ランプ

暗い場所で作業する時に役立つ作業灯は、形態や明るさなどを比較して選びます。作業しやすい現場にするには、実際使ってみて明るさや影の影響を確かめておけば失敗しません。

もっと読む