男の人

工夫次第で居心地バツグン!店舗デザインはプロにお任せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギーの活用

エレベーター

地球にやさしいエネルギーとして近年注目を集めているのが、太陽光発電。太陽光をパネルで吸収し、システムで電気エネルギーに変換するもので家庭用から産業用まで拡大しています。その中でも特に注目を集めているのがビジネスでの活用であり、とりわけソーラーシェアリングの人気が高いです。ソーラーシェアリングというのは、産業用太陽光発電で作った電気を営農に使用することであり、多くの農家が取り入れています。電力会社から購入して営農することはできますし、不自由はありません。しかし、地球環境のことや経費のことを考慮するなら、ソーラーシェアリングを利用してエネルギーを賢く使うことが、社会貢献や地球保護活動に繋がります。

農地や田んぼなどの営農業界では、多くの電気エネルギーを使用します。一見、自然界で育てるから電気はあまり使用しないように見えるかもしれません。ただ、実際は湿度や温度、外気から守るビニールハウスや田畑を耕す農耕機などの使用で多くの電気が必要なのです。ソーラーシェアリングを導入すると、この時に必要な電力を自給で賄うことができるのが魅力でしょう。それに、営農で使用しなかった電気は蓄電しておいたり電力会社に売電したりできます。こうしたエネルギーの上手な利用が、営農の新たな境地を開き品種改良に繋がる可能性は大いにあります。
ただし、ソーラーシェアリングの導入には一定の要件を満たしている必要があるので、先に確認してから進めていきましょう。