男の人

工夫次第で居心地バツグン!店舗デザインはプロにお任せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

光源によって変わる

ランプ

暗い場所で工事や点検作業を行なう際には、明かりが必要です。ただ、明かりならいいわけではなく、場所や用途によって使いやすくて見やすいものを選ばないと意味がないでしょう。そのため、現場ごとに変えて使う作業灯が販売されており、工事業務を行なう企業に人気があります。作業灯は基本的に手持ちタイプがほとんどで、ランプ形式から警棒タイプまで幅広くあります。どの形にするかは、作業をする際に邪魔にならないものや見る対象物は何かで選ぶと良いでしょう。作業灯の比較をした上で決めれば、使いやすいものが選べます。

作業灯を選ぶ際に一番重要視しないといけないのは光源。実は使用されている光源は製品によってそれぞれ違います。一番明るくて見やすさを追求したのはLEDタイプで、信号機にも使用されており長寿命です。また、高効率なハロゲン球やHIDランプも人気を集めており、広範囲を照らしてくれるところが魅力です。このあたりの光源を細分化して選ぶ場合は、定格電力、全光束、照度という軸で比較をすれば、作業に必要なものを選べます。ただ、距離に応じて微妙な見やすさや人の差で視認性の違いが出てくることもあります。このあたりは実際に暗いところを照らして自分の目で確かめてみるのが効果的でしょう。また、作業灯を使用するにあたって、影の影響を受けることも考慮しないといけません。大型の機械も合わせて作業を進める際は、この影の出方に注意をしてから選ぶようにしましょう。